にほんブログ村 淡水ルアーフィッシング

下道外道専科 GS125と自転車と釣りとモタスポと

バイク、釣り、自転車、アウトドア、昭和レトロ、モータースポーツ、適当適度に趣味に生きるブログ。天の邪鬼故に斜め上を目指し外道的ダサダサセンスをぶちまけたい。

ゴムは薄いのがお好き///GS125のグリップ交換はやはりTZグリップだ

実にハレンチなタイトルである

ミリ単位という驚異的な薄さを競い合うコンドーさんでありますが、最近私は装着しておりませぬ

いや、装着する機会が無いと言うべきでしょう(泣)

久しぶりに夜の宇都宮に出掛けようか本気で悩ましい今日この頃、私はグリップを交換しました


f:id:cheapmansuzukin:20181207222618j:image

キジマの生ゴムグリップ

一気に昭和臭がしてきます

取り付けはボンドがいらないくらいぴったり密着

 

キジマ(Kijima) グリップラバー 生ゴム 114X22.2mm 貫通タイプ 201-201

キジマ(Kijima) グリップラバー 生ゴム 114X22.2mm 貫通タイプ 201-201

 

生ゴムってなんだかエッチな響きですね~

まして極薄スキン///

スロットルが透けて見えるくらい薄いです

振動を吸収できない変わりに吸い付くようなグッドフィーリング

あっちの方も薄い方がグッドフィーリングなのは一緒ですね

以前は南海オリジナルのTZ風グリップを使用

していましたが、値段が500円と安くてコスパは素晴らしい

しかしオープンエンドが無いのと生ゴムカラーが無いのが欠点です

厚みもあるので極薄がお好きな貴方にはオススメできませんね~

セーフティに安くイキたいのであれば南海、攻めてイキたいならキジマがオススメです

因みに生ゴムこんなのもあります

 

キジマ(Kijima) クラシックグリップ 貫通タイプ 生ゴム 130*22.2mm 201-491

キジマ(Kijima) クラシックグリップ 貫通タイプ 生ゴム 130*22.2mm 201-491

 

攻めてますね~

置いてあったら勘違いするレベルですw