にほんブログ村 淡水ルアーフィッシング

下道外道専科 GS125と自転車と釣りとモタスポと

バイク、釣り、自転車、アウトドア、昭和レトロ、モータースポーツ、適当適度に趣味に生きるブログ。天の邪鬼故に斜め上を目指し外道的ダサダサセンスをぶちまけたい。

国産GS125のハンドルポストを取ってみよう

ハンドルがグニャグニャすることから始まった私の脳内GS会議
朝起きてどうする?
仕事中どうしよう?
夜寝るどうするか?
頭から離れません
完全にバイクバカな脳になってしまいました
他のバイクからアルミカラーを流用するにしても寸法等の情報はありません…
困ったなぁ(´Д`)
とりあえず雨の休日ですから外してみましょう

ハンドルを先に外すとハンドルポストも一緒に回ってしまうので、外さないで下のナットを外します
f:id:cheapmansuzukin:20190616110629j:plain
割りピンが入っているので抜いて、ナットを外します
ここのナットがロックナットになっているのですがかなりのトルクがかかっています
私は危うく舐めかけました
ハンドルを押しながら回すとなんとか外れます
何回かヌルッと嫌な感触を味わいながらもなんとか摘出に成功しました
形状を見ているとグロム用は流用できないのが一目で分かりました
と、なるとオフ車からの流用になるのかな
ジータ等でアルミカラーは発売されていますが、現物合わせないと合うか合わないか分からないだけに、分の悪いカケになりそうです
当然ながら実店舗には売っていませんでした

困った、困ったぞぉ
グニャグニャするのは嫌だしなぁ
と考えること数時間
そうだ良いこと思い付いた!
セパハンにすれば良いんだ!
ケーブル類の長さが余りそうな予感もしますが、突き出ししているのだから装着も問題無しでしょう
GS125のフォークの径は30パイパイ
これに合うセパハンはNSR50やTZR50等のゼロハンスポーツのハンドルが合いそうです
今日からまたヤフオクに貼り付く生活が始まるのであった