下道外道専科 ZZR250とGS125と自転車とモタスポと

バイク、釣り、自転車、アウトドア、昭和レトロ、モータースポーツ、適当適度に趣味に生きる道楽ブログ。天の邪鬼故に斜め上を目指し外道的ダサダサセンスをぶちまけたい。

gs125のトップブリッジはハンドルがラバーマウントでした…

買ってから、否、装着して走ってから気づきました
国産GS125のハンドルポストがラバーマウントだったことに
f:id:cheapmansuzukin:20190612154613j:plain
取り付けが完了し走ってみるとなんだかハンドルがグニャグニャする
特にブレーキをかけるとハンドルが前に動く感覚がするんです
トップブリッジのトップボルトも締まってるし、ハンドルだってちゃんと付いている
もしや!!
私は少し前に手に入れた神の書、
GS125のパーツリストを見てみることにしました
ようやく私はここで気づいたのです
ハンドルポストがラバーマウントだったのだ!
f:id:cheapmansuzukin:20190612155017j:plain
違和感は間違いではありませんでした
う~んどうしたものか?
なにか打つ手はないものかと考えます
当然ながら専用のカラー等あるはずもありません
f:id:cheapmansuzukin:20190612184945j:plain
マイナー車であることに喜びを感じつつ、細かい所で社外品がでるメジャー車種が羨ましいと思う瞬間です
主にグロムとかとか
ゴムだと分かっていればEN125のトップブリッジにしたのにな~
もう後の祭りです
諦めてこいつでいきましょう
とりあえず流用できそうなものを物色してみたいと思います
グロムとかとか