にほんブログ村 淡水ルアーフィッシング

外道専科 斜めに趣味を構える天の邪鬼ブログ

バイク、釣り、自転車、趣味に生き趣味のために死ぬことを目的としたブログ。天の邪鬼なため斜めに構えて外道的センスをぶちまける

名車?迷車?珍車?GS125をさらっと紹介

GS125Eとは1982年に製造開始したGN125Eの兄弟車であります
ワイルドなジャメリカンスタイルのGNに対し、GSは流麗なヨーロピアンスタイルでキャラクターの差別化をはかってます
パワーはSOHCながら14馬力、車重は113キロと原付2種の中でもかなりの機動力をもつマシンでありました
因みに最大のライバルであろうCBX125FはDOHCシングルで驚きの17馬力、車重は117キロ、パワーウェイトレシオは6.88
GS125のパワーウェイトレシオは8.07です
悔しいですがCBXすげぇなぁ…


そんなGS125は最小排気量の刀シリーズとして小刀の愛称で親しまれました
刀と言えばGSX1100Sを思いうかべるが、GS650の流れを汲むデザインから刀であることは間違いないのです
スズキもGSに刀のサブネームをつけていたので間違いなくKATANAなのであると、力強く言わせていただきます

他の刀シリーズが絶版になると、刀の表記がいつの間にかなくなってしまい、ただのGS125Eと表記するようになりました

グラフィックの変更等のマイナーチェンジを繰り返しながら国内では1999年まで生産された中々のご長寿マシンなのであります
当時はまさか21世紀に新車が買えるとは思ってなかったでしょうw
初期はかなり刀イメージのカラーリング
f:id:cheapmansuzukin:20190110112614j:plain
90年から今に通ずるストライプが入ります
f:id:cheapmansuzukin:20190110112727j:plain


そしていつの間にやら日本海を渡り中国にGS125は渡ります
正確にいつかは分かりませんが、恐らく大長江集団にGNと共に渡ったのでしょう
大長江集団は中国の大手企業
スズキに技術提供されOEMという形でGNやGSをライセンス生産しています
その大長江集団のバイクブランドがHaojueです
この辺がややこしく調べても分かりにくいところです
誰か詳しい方、ご教授ください

そして現在のGS125
f:id:cheapmansuzukin:20190110113226j:plain
コスト面からなのか、不要と考えたのかアンチノーズダイブが外されています
国内か中華かはこの辺で区別がつくのではないでしょうか
マニアな貴方はヨウチェキラ