にほんブログ村 淡水ルアーフィッシング

外道専科 趣味に生きる貧乏ブログがここに爆誕!

バイク、釣り、自転車、趣味に生き趣味のために死ぬことを目的としたブログ。貧乏人の明日はどっちだ?

暑い日に思い出すSZMのリールの思い出

釣りキチの皆さんこんにちは

ここ栃木県の気温は温度計で現在39℃

この温度計が壊れているのか?それとも私が壊れているのか?両方かもしれません

そんな暑い夏、思い出すのがSZMのリール

上州屋のプライベートブランドであるSZM

最初読み方が分からず、エスゼットエムと言っておりました

後にスズミと呼ぶことを知るわけですがしかしこの英字3文字で読ませる手法は未だに納得がいかない部分もあったりして

英字3文字の妙なかっこ良さ、響きの良さ、価格の安さから昔は大好きで良く使っていました

忘れもしない、今は無きロッド&リールのリールカタログ

そこにはベアリングの数が記載されておりました

SZMのリールは確か3000円程度の値段でベアリングの数が10個くらい搭載というカタログ厨にはたまらないことになっておりました

一流ブランドの同じ値段帯のリールではベアリングの数は1個

そんな数が搭載されていたのは一部の超高級リールだけ

ステラに恋い焦がれていたクソガキの私はその圧倒的なコスパに夢中になり、チャリンコで上州屋に向かいました

確か2000番くらいのなんちゃらスピン

なけなしのお小遣いを握りしめ購入に成功

その帰り道に早速なんちゃらスピンを使うことにしました

現場で糸を巻き、ルアーをつけて意気揚々とキャスト

うむ、思ったより巻き心地って変わらないなぁ

なんちゃらスピンの前に当時使っていたのはダイワのボトムライン 

ロッドもダイワという徹底ぶり

周りが皆シマノだったため、天の邪鬼な私はダイワを選択したのであった

テレビとビデオデッキのメーカーを合わせたい年頃だった私はロッドとリールはメーカーを合わせないといけない事に妙に固執していました

話が脱線しましたが、そんなダイワのリール方がむしろ使い心地は良いような…

しかしカタログ厨の私はSZMの方が良いと自分を思い込ませようと必死

買った手前もありまして諦めきれません

そして何回かキャストした時に悲劇が起きます

なんとリールが空中分解を起こしたのですなんだってー

驚いたことにベイルの部分が根こそぎポロっと取れました

恐らくネジがほとんど閉まっていなかったのでしょう

これがSZMのやり方かー!

汚い沼の中に部品達が沈んでいく…

買ったその日にぶっ壊れるなんて思いもしません

仕方無く糸を手で手繰り寄せ、ルアーを回収しその沼を後にしました

チャリンコを漕ぎながら半泣きです

なけなしの中学生のお小遣いがパーですから泣きたくもなります

親父殿に報告してやろうかと思いましたが思春期の私にはそれはできぬというものです

その時から私はSZMなんて二度と買わぬと決心いたしました

が、

今から数年前に懲りずに購入

名前は確かなんちゃらスピン800

800ってなんだ!1000で良いじゃないかと思いながらも購入してしまうバカな私

まぁ流石にそんなハプニングは起きませんでした

回りがいまいちだったので分解したらプラスチック部品が割れて元に戻せず廃棄となりました

リールは一流ブランドを無難にオススメします