にほんブログ村 淡水ルアーフィッシング

下道外道専科 GS125と自転車と釣りとモタスポと

バイク、釣り、自転車、アウトドア、昭和レトロ、モータースポーツ、適当適度に趣味に生きるブログ。天の邪鬼故に斜め上を目指し外道的ダサダサセンスをぶちまけたい。

外道を狙うときに困ったこと

ブルーギルを釣りに行くと大抵バサーに出会います

声をかけられることも稀にあります

釣れますか?

ブルーギルが釣れます(^ω^)

言えません

とても言えません

バスが釣れるかを聞かれていることはほぼ間違いないでしょう

答えに困った私

当たりはあるんですけどね~と言ってお茶を濁すくらいしかできませんでした


ブルーギルいるところにバスあり

ブルーギルをいざ釣り上げるも近くにバサーの影

ムムム( ゚ε゚;)

素直に喜べない…

1人であればニヤニヤするところですがクールに引き上げます

ふっ…ギルか…

内心嬉しいがクールに決める

写真を撮りたい…撮りたいがなにか気恥ずかしい

止めておこう(´ω`)


私は小さいルアーが好きです

管釣りに使うようなルアーやメバリングに使うワーム等も好んで使用しております

色々試す私は毛鉤まで忍ばせています

しかし、それを見られるのが恥ずかしい

セコっ!と思われるのにびびっているのです

他の釣り師とのすれ違い様、私はルアーを隠します

水が近くにあれば水面にポチャっと忍ばせる

スーパーチキンハートなのだ(´ω`)